YouTube動画の観すぎで疲れ目に注意!おすすめのブルーライトカットめがね

1日の間にパソコンやスマートフォン、TVにゲームなどディスプレイを見る時間は何時間あるでしょうか?

会社ではパソコンを、外出先ではスマートフォンを、家に帰って動画を見たり…と1日中ディスプレイを見ている人も大勢いるでしょう。しかし、長時間ディスプレイを見ることで疲れ目や肩こり、頭痛などを引き起こしたり、ひどいときにはVDT症候群(別名:テクノストレス眼症)になってしまう場合もあります。
身体が不調を訴える前にできるだけ負担を抑えるためにも日頃から目を保護しませんか?


◆ブルーライトカットめがねとは…


ディスプレイなどを見ているときに浴びてしまうブルーライト。これを長時間続けることが目の疲れや肩こり、頭痛の原因とも言われています。

そのブルーライトをカットして、目の負担を軽減するのがブルーライトカットめがねの目的です。巷では「PCめがね」とも呼ばれています。このブルーライトカットめがね、どのくらいブルーライトをカットするのかはメーカーやめがねによって違います。

簡単に説明すると

  • ①反射タイプ(ブルーライトカット率約30%)透明なレンズでブルーライトを反射させることで軽減してくれます。
  • ②吸収タイプ(ブルーライトカット率約50%)色つきレンズでブルーライトを吸収することで軽減してくれます。

この2つがあります。比較的反射タイプのめがねは安価で購入ができ、レンズの色も透明なので試しにPCめがねを買ってみようという方はチャレンジしやすいです。
しかし、吸収タイプの方はカット率が50%と高いため、反射タイプよりは快適に作業が行えるかもしれません。
他にもレンズに度数を入れたり、子ども用、UVカット仕様などメーカー毎に様々な種類や形があるのでお気に入りの1本が見つかるかもしれませんね。


◆おすすめのめがねはコレ!


・J!NS PC


めがねメーカーのJ!NSのPCめがねです。ブルーライトカット率は最大で約50%。パッケージタイプ(度なし)とカスタマイズタイプ(度なし、度付き両方可)があり、種類は全部で116種類、カスタマイズタイプは最大3000種類から選ぶことができます。また子ども用も販売されています。
  

・Zoff PC


こちらもめがねメーカーのZoffが出しているPCめがねです。ブルーライトカット率は最大50%。種類は全部で28種類、ブルーライトのほかにUVカットもついているので、女性は嬉しいかもしれませんね。
お値段もお手ごろなので、お洒落感覚でいつもとは違うめがねにチャレンジしてみるのもいいですね。
 

・PC PREMIUM


他のめがねメーカーでは眼鏡市場でもPCめがねを販売しています。フレーム等の種類は少なめですが、キズや汚れ、花粉、ホコリ等を寄せつけないPCプレミアムというレンズを販売しています。
めがねの全ての機能を詰め込んだようなプレミアムな1本をお探しの場合はオススメです。
  

・ブルーライト対策メガネ


こちらはPC関係の商品で有名なELECOMが出しているPCめがねです。
なんとブルーライトカット率は最大で65%。ブルーライトの影響が深刻な方は1度検討してみてもいいかもしれません。
  

◆目の休息も大切に


勿論、めがねをかけているから長時間作業しても動画を見ても大丈夫!ということではありません。

長時間ディスプレイを見る場合は1時間に10分程度の適度な休息を取って、軽い体操をしたり、遠くの景色を見たりと眼の疲れを取ることが大切です。ブルーライトカットめがねは着用しているから劇的な効果があるものではなく、いつも通りの作業が少し楽になった、目薬や頭痛薬の使用頻度が減ったなどの「めがねがあると楽になる」というものだそうです。
その上で上手くめがねを使えば、眼の負担も減ってより快適に過ごせそうですね!


◆動画でなく音声で楽しむという方法も


目が疲れるということであれば、動画ではなく音声でYouTubeを楽しむという方法もあります。
例えば、音楽やディスカッション、スピーチ動画などであれば、mp3などの音声でダウンロードしてしまって聞くようにすれば、目が疲れることはありません。

YouTube動画を音声ファイルでダウンロードする方法は、こちらのサイトなどで紹介されています。
MP3形式でダウンロードする方法は他にもいくつかあると思います。

いずれにしても、目は日々の生活を質の高いものにするためにも非常に重要なものなので、なるべく疲労を溜めないようにしていきたいですね。



巻き戻しがいない。

そういえば今ってレンタルビデオ店って呼んでいるのだろうか。
ほとんどDVDとブルーレイな気がするが、、、

レンタルDVD店。

しっくりくるような来ないような
モヤっとします。
若い世代はモヤっとしないのだろうか。

テレビのリモコンもいつの間にか『巻き戻し』が『早戻し』に
変わってて軽く衝撃を受けた人は私だけではないはず

巻き戻しがいない。

いつからか調べてみたら、なんと
一番早いもので1997年。
2000年頃にはほとんど表記が変わってたらしいです!
約15年間まったく気づきませんでした!

今の子どもには「巻き戻し」が通じない?という記事も。

しかし、『早戻し』は慣れないですね。
会話の中で自然に巻き戻しって言っちゃいますもんね。

ビデオテープからDVDに代わって
とても便利になりました。

ビデオテープはかさばって邪魔になるんですよね。
巻き戻しも時間かかるし。

DVDになってコンパクトでチャプタで見たいところから
スタートできるし。うん、便利。

時代は知らぬ間に流れていってるんだなと
しみじみ感じました。

DVDコピーの疑問

昨日は久々に予定のない休日でした。
思いっきりだらだらしてやろうと思って
朝からレンタルビデオ店に行ってきました。

さて、一日何本ぐらい見れるだろうか。
とりあえず5本借りてみました。
が、やはり一日で5本の映画は集中力が持たず、3本が限界でした。

レンタル期間は一週間あるので、時間を見つけて
楽しもうと思いますが、昔レンタルビデオ店で
アルバイトしていた時のことを思い出しました。

そこの店舗では毎週水曜日に旧作100円セールをやっていて
一人最大15本までレンタルできるセールを行っていました。

15本限界までレンタルして数日後には返却に来る人という人が
何人かいました。

セール日にまとめて借りたレンタルDVDを
PCに保存して見たいときに見るという賢い戦術を
行っていたんだと思います。

そのことを思い出し今度やってみよう!と思ったのですが、
今はDVDのコピーが違法になってしまったとのこと。
法を犯してまでやらなくていいと思ったのですが、
ネットで調べてみると、違法じゃないという声もいくつか見つけました。

気になったのでもうちょっと詳しく調べていると
dvdコピーの全て』というサイトを見つけました。

このサイトに詳し載っていたので、私のように
疑問がある方は解決するかも?!

DVDをiPhoneに取り込むためのソフト

iPhoneやiPadの楽しみ方の1つとして、映画やミュージックビデオといった動画ファイルを楽しむ方法があるのは。ご存じでしょうか。
普段の通勤や通学のときに、テレビで録画したTV番組や、映画やドラマ、お気に入りのDVDを楽しめたら時間を有効活用できるのではないでしょうか。
DVDをiPhoneに取り込むための関連ソフトを簡単にご紹介します。
ご注意して頂きたいの、再コピーして他人に渡したり、販売を行ったりすると著作権や複製権違反になりますのでご注意してください。

・iSofter DVD iPhone変換
DVDをiPhone用MP4に変換するiPhone用DVDリッピングソフトです。
操作方法が簡単で、高速高画質で変換を行ってくれます。
DVDをiPhoneに取り込み、iPhoneでDVDを観たい方におススメのソフトと言われています。

・AnyDVD
バックグラウンドで自動的に DVD ムービーを解析するドライバーです。
解析された DVD は全てのアプリケーションに対してプロテクトが解除してくれます。
DVDだけでなく、CDにも使えます。

・DVD Shrink
DVDからデータを抜き出して、PCへ保存するためのフリーソフトです。
日本語版もあるので、ご利用は日本語版の方がおススメだと思われます。

・HandBrake
iPhoneやiPadで再生できる形式に変換するフリーソフトです。
事前に取り込みたいDVDから抜き出したISO形式のファイルが必要となります。

iPhoneで再生する形式に変換

iPhoneやiPadの楽しみ方の1つとして、TV番組や映画やミュージックビデオといった動画ファイルを楽しんでいる方が多いと思います。
そこで、取り込みたいDVDをISO形式のファイルに変換したのにiPhoneやiPadに入れられない方のためにご説明を行います。
パソコン上にISO形式のファイルがある状態から話を進めますので、ご注意してください。
まず、「HandBrake」をダウンロードして、解凍を行ってください。
「HandBrake」をインストールすれば、下準備は終わりです。
iPhoneやiPadで再生する形式へ変換する操作手順は

1.「HandBrake」を起動してください。
2.左上の「変換元」をクリックして、「動画ファイル」をクリックしてください。
3.DVDから抜き出したISO形式のファイルを選択して、「開く」をクリックしてください。
4.左上あたりにある「タイトル」の横にチャプターが全て読み込まれているようですが、その中で一番時間が長いのを選んでください。
5.右側の「チャプター」を最初(1から4の場合は1)から最後(1から4の場合は4)まで選択してください。
6.画面右側の「プリセット」を「iPhone & iPod Touch」とします。
これは、「iPhone/iPod用」にするということです。
7.設定が終わったら「変換開始」をクリックしてください。
8.パーセンテージが100になったら終わりです。
これでiTunesを通じて入れることが出来るようになりました。

DVDをiPhoneに取り込む前に

iPhoneやiPadへデータを入れるには、まずDVDからデータを抜き出す必要があります。
手を抜いた方法でやると、iPhoneやiPadへ取り込んだ動画ファイルにノイズが入ることもあるので注意してください。
そこで、安心してDVDからデータを取り出して、パソコンへ保存するためにフリーソフトの「DVD Shrink」をご紹介します。

「DVD Shrink」は、日本語版もあるので扱いやすいのではないでしょうか。
「DVD Shrink」をダウンロードして、インストールを行えば下準備は終わりです。
DVDからデータを抜き出す方法は

1.「DVD Shrink」を起動してください。
2.データを取り出したいDVDを入れて、左上のボタン「ディスクを開く」を選択し、DVDを入れたドライブを選択してください。
3.ディスクの分析が始まります。「ビデオプレビューを有効にする」のチェックを外すと分析の作業が速く終わるようです。
4.分析が終わったら、「バックアップ」をクリックしてください。
5.「DVDのバックアップ」というウインドウ内の「出力先デバイスの選択」で「ISOイメージファイル」を選択してください。
6.そして「OK」をクリックしてください。
7.「エンコード中」の画面が開きます。
先程と同様に、「ビデオプレビューを有効にする」のチェックを外すと作業が速く終わるようです。
8.パソコンのスペックによって所要時間は異なります。「バックアップの完了」と表示されれば大丈夫です。

DVDをiPhoneに取り込もう

普段の通勤や通学のときに、テレビで録画したTV番組や、映画やドラマ、またはお気に入りのDVDを視聴出来たらいいと思いませんか。
そこで、iPhoneにDVDを取り込む方法をご紹介したいと思います。

「iSofter DVD iPhone 変換」というソフトは、DVDをiPhone用MP4に変換するiPhone用DVDリッピングソフトです。
「iSofter DVD iPhone 変換」は、DVDをiPhoneに取り込んで、iPhoneでDVDを観たい方におススメのソフトと言われています。
iPhoneに取り込みたい内容が英語で日本語の字幕をつけることも可能となっています。
日本語の字幕だけでなく、英語の字幕も選択できます。
iPhoneにDVDを取り込む際に注意して頂きたいのは、それを再コピーして他人に渡したり、販売を行ったり、著作権や複製権違反になりますので注意してください。
やり方は

1.「Softer DVD iPhone変換」というソフトをダウンロードしてください。
「iSofter DVD iPhone変換」なら、初心者でも簡単な操作にDVDをiPhone用MP4に高速高画質で変換できます。
2.パソコンにDVDを入れて、コピーしたいDVDをして、保存先を選択してください。
3.横の方にある変換形式でiPhoneに変換を選択してください。
4.変換開始で、コピーが開始されます。
5.そして、iTunesに取り込んで、iPhoneに取り込んで終わりです。